夜空に“堤燈”がライトアップされる南青山の新モニュメント!12月4日、東京・南青山に「マーク ジェイコブス 青山」オープン/MARC JACOBS | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

夜空に“堤燈”がライトアップされる南青山の新モニュメント!12月4日、東京・南青山に「マーク ジェイコブス 青山」オープン/MARC JACOBS

a640MARC-JACOBS-AOYAMA

「MARC JACOBS AOYAMA」外観

NYコレブランド「MARC JACOBS」(マーク ジェイコブス)の旗艦店が、2010年12月4日、東京・南青山にオープン。

ビル名は「マーク ジェイコブス ビルディング」、店舗名は「MARC JACOBS AOYAMA」(マーク ジェイコブス 青山)と称される。

「MARC JACOBS」の創設以来、基礎建築の段階から造り上げた世界初の店舗となったこのビルは、地上2階、地下1階の3層構造で、総売り場面積 は172.75平方メートル。

b640MARC-JACOBS-AOYAMA-2F

「MARC JACOBS AOYAMA」1階アクセサリーフロア(左)、2階レディス・プレタポルテフロア

通りに面したファザードは水平な3つのゾーンで構成され、シューズ、バッグ、アイウエアとフレグランスを取り扱う1階アクセサリーフロアの「Void」(空間)はガラス張り。

幾重もの直線彫りが美しいテラコッタで覆われた2階は「Rock」(岩壁) と呼ばれるレディス・プレタポルテ専用のプライベートな空間となっている。

c640MARC-JACOBS-AOYAMA-B1F

「MARC JACOBS AOYAMA」地下1階メンズフロア

そして、地下がメンズフロア。

店内に並んだハイセンスな書籍も全て購入することができる。

d640marcmens1

「MARC JACOBS AOYAMA」地下1階メンズフロア

ちなみに、この「マーク ジェイコブス ビルディング」の企画・デザインは、ステファン・ジャクリッチ・アーキテクツ(Stephan Jaklitsch Architects)。

オープン前に、アメリカ建築家協会(American Institute of Architects)より優秀賞「Award of Excellence」を受賞しており、前評判も非常に高かった。

e640marcmens2

「MARC JACOBS AOYAMA」地下1階メンズフロア

この旗艦店最大の特徴は、日本の伝統的な建築技術で表現されたという「Lantern」(堤燈)と呼ばれる最上階の壁面。「マーク ジェイコブス ビルディング」の“顔”は、夜間にライトアップされる仕組みになっている。

南青山の新しいシンボルの誕生だ。

MARC JACOBS AOYAMA
住所:東京都港区南青山5-3-27/電話:03-6418-1188
http://ja-jp.marcjacobs.com/#/ja-jp/home

Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE