「サマンサタバサ」チャリティトートも発売!東日本大震災被災者支援「カナダ留学 ホープ・プロジェクト」発足 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

「サマンサタバサ」チャリティトートも発売!東日本大震災被災者支援「カナダ留学 ホープ・プロジェクト」発足

(株)サマンサタバサジャパンリミテッド × 在日カナダ大使館特別協賛「東日本大震災被災者支援企画:カナダ留学 ホープ・プロジェクト」発足記者会見での模様(左から、ジョナサン・T・フリード=駐日カナダ大使、チャリティバックをデザインした土屋巴瑞季(つちやはずき)さん、寺田和正・サマンサタバサジャパンリミテッド社長)

アクセサリーブランド「Samantha Thavasa」(サマンサタバサ)と、そのメンズ版「SAMANTHA KINGZ」(サマンサキングズ)を手掛ける(株)サマンサタバサジャパンリミテッドが、在日カナダ大使館と特別協賛し、東日本大震災で被災した若者に向けた「カナダ留学 ホープ・プロジェクト」(Hope for Youth/Espoir pour la jeunesse)を設立。

このプロジェクトは、当該震災で被災した150 名の若者(15 歳から30 歳)を応募者から選出し、カナダ語学学校協会のランゲージズ・カナダと、エアカナダの協力により、日加往復航空券と1ヵ月の語学研修、そしてホームステイまたは寮での滞在、留学保険が無償で提供されるというものだ。

写真は左から、ジョナサン・T・フリード=駐日カナダ大使、チャリティバックをデザインした土屋巴瑞季(つちやはずき)さん、寺田和正・サマンサタバサジャパンリミテッド社長。

募集は、カナダ大使館の公式ウェブサイトで2011年7月22日より始まっており、早ければ今秋から留学が可能となる。

応募資格は、15歳以上30歳以下の日本国籍をもつ若者で、かつ東日本大震災で家族、家、仕事などを失った方、または原発事故のため避難している方。

申請方法と留学スケジュールなどの詳細は、カナダ大使館公式ウェブサイト( http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/study-etudie/hope-espoir.aspx?lang=jpn )を参照のこと。電話での問い合せ先は、(株)サマンサタバサジャパンリミテッド プレスグループ(TEL:03-5412-8198)、カナダ大使館メディアライン(TEL:03-5412-6444)まで。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE