12月16日(金)~18日(日)!「社会と美大生を繋ぐ」アートイベント「THE SIX」がラフォーレミュージアム原宿で開催中 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

12月16日(金)~18日(日)!「社会と美大生を繋ぐ」アートイベント「THE SIX」がラフォーレミュージアム原宿で開催中

アートイベント「THE SIX」のメインビジュアル

12月16日(金)~18日(日)まで、「社会と美大生を繋ぐ」をコンセプトに2007年に始まったアートイベント「THE SIX」が、昨年度に引き続き今年もラフォーレミュージアム原宿で開催中。

入場料は無料。

本展覧会では、一般投票による1次審査で選抜した作品を、さらに特別審査員による2次審査で選考。ここで選ばれた上位30作品を展示中。

この2次審査には、メンズノンノ本誌でもお馴染みの著名人もズラリ。

伊勢谷友介さん(REBIRTH PROJECT代表/俳優/監督)、ケンタロウさん(料理家)、坪井浩尚さん(プロダクトデザイナー)、祖父江慎さん(アートディレクター/ブックデザイナー)、遠山正道さん(株式会社スマイルズ代表取締役社長)、名和晃平さん(彫刻家)、南條史生さん(森美術館館長)、町田久美さん(画家)、松宮宏さん(株式会社ワールド インテリアVMDデザイン開発部/小説家)、茂木健一郎さん(脳科学者)が、多角的な視点と価値観で選考し、見事通過した作品群だ。

審査員の(左)伊勢谷友介さん(REBIRTH PROJECT代表/俳優/監督)、(中)ケンタロウさん(料理家)、(右)昨年度の模様

このアートイベント「THE SIX」の趣旨は、「一方的ではなく、鑑賞者の率直な意見や感想を吸収し、鑑賞者と作り手が自由に対話できる場」としてのプレゼンテーション機能。

鑑賞のハウツー、審美眼の有無という難しい側面など、美術と一般鑑賞者の間にそびえる大きな壁を取り払い、美大生というまだ半熟卵のアーティスト志向者がその仲人を引き受ける。

芸術って、なにが素晴らしいのか、なにがすごいのか、なんで興味をそそられるのか、訪れる理由は単純なモチベーションで十分。

展示される作品は、多くの先達者の美意識に、琴線を刺激した意欲作ばかりなのだから。

伝えて受け取る。

「THE SIX」ならではの感性の息吹に触れてみよう。

THE SIX 2011
日程:2011年12月16日(金)~18日(日)/入場料:無料/会場:ラフォーレミュージアム原宿/主催:THE SIX 2011 運営委員会/トータルディレクション:大日本印刷株式会社、株式会社モーフィング
公式サイト( http://the-six.jp/2011/
コンペティションサイト( http://the-six.jp/2011/competition/1stvote/

Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE