来年は日本上陸30周年!港区のタブロイドで「agnès b.」2012年春夏メンズ&レディス合同ショー開催(前編) | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

来年は日本上陸30周年!港区のタブロイドで「agnès b.」2012年春夏メンズ&レディス合同ショー開催(前編)

少し気が早いかもしれないが、来年の2013年は、パリコレブランド「agnès b.」(アニエスベー)が日本上陸して30周年という節目の年。

今年から来年のアニバーサリーにかけて、イベントや新規商品のリリースなどが目白押しとなっている。

2月2日、著名人や顧客、メディア関係者、女性誌WEB編集者、ブロガーらを集めたスペシャルなメンズ&レディス合同ランウェイショーが、港区のイベントスペース「TABLOID」(タブロイド)で開催された。

「アニエスベー」の東京でのランウェイショーは4年ぶり。

当夜はタブロイドの外壁に“agnès b.”のロゴがライトアップ。イベントのドレスコードはもちろん、“agnès b.”だ。

今春夏のテーマである“SPIRIT”のポスターが掲げられたエントランスの先には、「アニエスベー ボヤージュ」の新作、腕時計、サングラス、コスメラインなども展示されるなど、会場は「アニエスベー」一色。

ブルーにライトアップされたショー会場は、多くの来場客を見越して2部構成。

どちらも、「agnès b.」(アニエスベー)メンズ、レディス合同ランウェイを心待ちにする招待客で溢れかえっていた。

デザイナーであるアニエスベーからのビデオメッセージが流れると、ショーがスタート。

テーマは“SPIRIT”だ。

後編につづく)

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE