「アバハウス×メンズノンノ」コラボコート発売!本誌11月号掲載「着回し自在!『アバハウス』のアウター・エレガンス」 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

「アバハウス×メンズノンノ」コラボコート発売!本誌11月号掲載「着回し自在!『アバハウス』のアウター・エレガンス」

1_640_DMA-MNN_ABA_56752

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Koji Moriya

10月10日(木)発売の「メンズノンノ」最新11月号P.102~107掲載の特集誌面「着回し自在!『アバハウス』のアウター・エレガンス」は、もうご覧いただけただろうか。

今シーズンの「アバハウス」を象徴する2大アウター、「ピーコート」と「ダウンベスト」にフォーカスし、各々のアイテムをメンズノンノモデルの髙橋義明と米倉強太が着用。秋、冬、真冬と、これから寒くなる季節に幅広く対応できる「ピーコート」と「ダウンベスト」の着回しスタイリングを提案している。

そしてなんと、メンズノンノモデルの守屋光治が着用しているコートは、「アバハウス」と「メンズノンノ」がコラボした限定商品。

これら「ピーコート」「ダウンベスト」「コラボコート」3アイテムの商品ディテールと詳細は、最新の本誌11月号でチェックしていただくとして、このメンズノンノWEBニュースでは、まずは守屋が着こなした「アバハウス×メンズノンノ」コラボコートをご紹介しよう。

このコラボはかなりの特ダネ。

本誌に登場した3人のメンズノンノモデルズたちはWEB最大サイズで掲載するので、画像を保管したりiPhoneでは壁紙にしたりなど、誌面とは違った個性を楽しんで欲しい。

2_640_DMA-MNN_ABA_56785

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Koji Moriya

この「アバハウス×メンズノンノ」コラボコートは、通常のモッズコートのネック部分にあるボリュームを極力ミニマルに大胆アレンジし、フードを外せばスタンドカラーコートにもなるというスグレモノ。

「アバハウス」のDNAを踏襲しつつ、メンズノンノ編集部のフィルターを通して制作するという、希少性とトレンドもバッチリ加味されている。

現在、この限定コラボコートは、「アバハウス」の限定店舗とECサイト( http://www.at-scelta.com/mensnonno )のみで発売中。

取扱店舗は、アバハウス ラストワード原宿店(TEL:03-5466-5700)、アバハウス ラストワード仙台パルコ店(TEL:022-774-8138)、アバハウス ラストワード名古屋パルコ店(TEL:052-264-8320)、アバハウス ラストワードHEP FIVE店(TEL:06-6366-3730)、アバハウス ラストワード広島パルコ店(TEL:082-542-2403)、アバハウス ラストワード福岡店(TEL:092-737-8120)の6店舗となっている。

グレーとネイビーの2色展開で、価格は、37,800円也。

「メンズノンノ」11月号の発売日、10月10日(木)にはもう発売中なので、急げ!

3_640_DMA-MNN_ABA_56150

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Yoshiaki Takahash

次に、髙橋が着用する「アバハウス」の今秋冬最新「ピーコート」をご紹介。

ウール本来のしなやかさを実現したメルトンボディは、上質な肌触りで着心地抜群。

ほどよくシェイプされた優美なシルエットと品のあるキャメル色が、白シャツとニットのクリーンなコーディネートにマッチしている。

価格は、26,250円也。

4_640_DMA-MNN_ABA_56243

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Yoshiaki Takahash

そのピーコートの着回しだが、ちょうど本誌11月号が発売される10月10日あたりの「秋」コーデがこちら。

秋冬アウターだが、ボトムに白パンツを取り入れるととっても新鮮。

ぜひ、チャレンジしてみて欲しい。

5_640_DMA-MNN_ABA_56294

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Yoshiaki Takahash

こちらは「冬」バージョン。

肌寒くなってきたら、タイドアップしたシャツとカーディガンをレイヤードだ。

まだ、インナーに軽さが残る季節にピッタリのコーディネートだろう。

6_640_DMA-MNN_ABA_56342

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Yoshiaki Takahash

そして最終形態の「真冬」バージョン。

実はこの「ピーコート」、裏地に中綿入りのキルティングを採用しているので保温性も高く、ローゲージニットとドット柄のマフラーを組み合わせると真冬も完璧なのだ。

ということで、本当に「秋」「冬」「真冬」まで、パーフェクトに着回せてしまった。

7_640DMA-MNN_ABA_56466

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Gota Yonekura

続いて、米倉が着用する「ダウンベスト」。

着こなしの幅を広げてくれる「ダウンベスト」は、秋冬のワードローブに1着あると便利なアイテム。

しっかりとした質感なのに軽い着心地も魅力で、やや光沢感のあるネイビーとタイトなシルエットがデイリーカジュアルを都会的なムードに仕上げてくれる。

価格は、19,950円也。

8_640_DMA-MNN_ABA_56557

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Gota Yonekura

続いて着こなし提案だが、「秋」の「ダウンベスト」コーデはこちら。

ブルーのグラデーションコーディネイトだが、「ダウンベスト」の存在感でボリュームに緩急がついたスタイルに。

「ダウンベスト」をアクセントとして使うことで、シャツとリジッドデニムの組み合わせも一気にこなれて見えるのだ。

9_640_DMA-MNN_ABA_56609

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Gota Yonekura

「冬」コーデはこちら。

保温力に定評がある「ダウンベスト」は、シャツとニットに重ねるだけでもバッチリ暖かい。

ちょっと肌寒くなったら羽織って、ちょっと暑く感じたら脱ぐ、そんなフレキシブルさも「ダウンベスト」の魅力なのだ。

10_640_DMA-MNN_ABA_56670

Photos:Mitsuaki Murata[TRON]/Stylist:Takanori Akiyama/Model:Gota Yonekura

そして、最後に紹介するルックが、プラスアルファの暖かさを「ダウンベスト」で加味した「真冬」バージョン。

重衣料であるアウターに「ダウンベスト」をさらに重ねるスタイリングも、今や完全に市民権を得ている。ここではチェスターコートにオンしているが、自分なりのオリジナリティを発揮して自由なスタイリングを楽しんでみたい。

ということで、今シーズンの「アバハウス」を象徴する2大アウターである「ピーコート」と「ダウンベスト」の着回し、そして「アバハウス×メンズノンノ」のスペシャルコラボ、いかがだっただろうか。

商品のディテールおよび詳細は、10月10日(木)発売の「メンズノンノ」最新11月号P.102~107掲載の特集誌面「着回し自在!『アバハウス』のアウター・エレガンス」でチェック。

メンズノンノモデルの守屋光治、髙橋義明、米倉強太の着こなしを参考に、今秋冬の「アバハウス」を完全制覇だ!

ABAHOUSE × MEN’S NON-NO コラボコート
取扱店舗:アバハウス ラストワード原宿店(TEL:03-5466-5700)、アバハウス ラストワード仙台パルコ店(TEL:022-774-8138)、アバハウス ラストワード名古屋パルコ店(TEL:052-264-8320)、アバハウス ラストワードHEP FIVE店(TEL:06-6366-3730)、アバハウス ラストワード広島パルコ店(TEL:082-542-2403)、アバハウス ラストワード福岡店(TEL:092-737-8120)の限定6店舗と、ECサイト( http://www.at-scelta.com/mensnonno )/カラー:グレー、ネイビー/価格:37,800円

Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE